Our Vision = ”Radiant AI together with HUMAN”

これは RATH 設立に至るビジョンであり、 RATH という名称の由来そのものでもあります。

デジタルトランスフォーメーションの進展により、AI の普及がますます加速していく中で、 AI が人間社会にもたらす影響の大きさ自体を危惧する声も聞かれます。

AI が人間の知能を超えるシンギュラリティ(技術的特異点)を見据えて、これまでに多くの SF 作品によって描かれてきた様に、 AI は人類に悲劇をもたらすと信じる人も少なくありません。

とはいえ、こうした極端な悲観論は最近はトーンダウンしつつあり、人間の果たすべき役割の見直しが伴うとしても、人間と AI が協調して仕事を行うようになる未来図を多くの科学者も支持しています。

RATH の設立メンバーは、人間と AI が協調して「知のプロセス」を形成するような、新しい世界の創造を実現したいと考えています。そして、そのために RATH が最優先で取り組むのが、 Partner AI の実現であり、その最初の一歩としての AI Agent System を用いるビジネス開発なのです。

人類の歴史の中で、人間の肉体的な能力を、人間が生み出した人工物が凌駕するようなシンギュラリティは既に何度も経験されてきた事なのです。ただ、 AI が人間の知能を超えるシンギュラリティは、こうした歴史上のどの「特異点」と異なり、人間のあり方、労働する意味や文明を前進させる意味をも問いかけるものになるのは間違いありません。

RATH の Partner AI が目指すのは、こうした時代の大きな転換点を踏まえた上で、人間一人一人がより良く生きていくために、そのヒトを理解し、「にこやかに」寄り添い続ける AI の創造なのです。